節約家の私の原点は寮生活です

お金を貯めよう!

寮生活で身に付くお金の感覚

看護学校には、遠くから進学を希望する人たち向けに学生寮を設けているところがあります。学生寮は入寮費や月々の寮費、さらに設備も寮によって異なります。食事が付いている寮もあるので、自分で作る負担がない上に栄養のバランスの取れた食事ができます.。また、学生寮が学校敷地内にある場合は、徒歩数分の距離なので勉強に集中しやすいというメリットがあります。通学にも時間がかからないので便利です。
ちなみに、アパートやマンションを借りるよりも、寮に入った方が安く住めます。学校を2~3年で卒業すると考えても、賃料の総額は数十万は違ってきます。それに、寮には、同級生や先輩・後輩がたくさんいます。共同生活を送る中で、必然的に友達もできます。一人暮らしとは違って、孤独感がないのがいいと思います。勉強で分からない事があっても、寮の仲間に聞けるので、勉強がはかどるのではないかと思います。
また、寮は2人部屋もしくは個室の場合が多いので、ゆっくりする時間を持つこともできます。ただ必ずしも個室とは限りません。そういう時は、同じ部屋の人と上手く付き合っていく必要があります。例え個室があったとしても、トイレやお風呂は共同使用のところがほとんどなので、みんなで使うという意識を持ちたいものです。
学生寮は共同生活と同じなので、みんなとコミュニケーションを取ったり、ルールやマナーを学ぶ場でもあると思います。看護師になるという同じ志を持った人達ばかりなので、共に頑張りながら、楽しい寮生活を過ごせたらいいのでは、と思います。持論ですが、寮生活経験者とそうでない人の金銭感覚は、寮生活者のほうがシビアだと思います。華美な服を買えば目立つし、みんな同じという感覚があるので豪華なバッグも買わない。食事も声をかけあって近場、旅行も話し合ってお得なチケットを取ったりるすので、節約が自然と身に付きます。

節約家の私の原点は寮生活です © 2014. Theme Squared created by Rodrigo Ghedin.