節約家の私の原点は寮生活です

お金を貯めよう!

学生達に人気の寮生活

小学校や中学校は学区があり、その学区の中の小、中学校に通う生徒がほとんどです。
ほとんどの生徒が、自宅から徒歩で通学しています。
高校になると学区制ではなくなりますが、やはり、自宅の周辺の地域の高校を選ぶ人が多いです。
通学は電車やバス、自転車などを用いますが、一部、遠い地域から来ている子を受け入れるための寮が存在する学校もあるようです。
大学や専門学校になると、自分が進みたい夢に向かっての進学をする人が増え、通学困難な場所から受験する人も多くなります。
通学が困難なほど遠い場合には、大学や専門学校の近くにアパートを借りるか、学校側で用意した寮に入ることになります。
看護の勉強をする、看護大学の大学生や、看護学校の生徒も同じです。
アパートは管理人さんが近くに住んでいないようなところも多く、住まわせるには親の気持ちからすると大変不安があります。
その点、学校が準備した寮であれば、寮長といった寮生を管理する人もいますし、入っている寮生が同じ学校に通っている生徒ばかりなので、勉強で分からないことがあればきいたり出来るし、親としても子供としても安心して入ることが出来ます。
また、実習などで疲れていても、寮がそばにあればすぐ帰ることが出来ます。
看護師寮といって、看護師になって病院に勤めてからでも寮はあります。
寮は学校や病院に近いところに立てられているため、帰宅時の心配が少なくて済みますし、家賃なども安く入ることが出来るので安心です。
しかし、寮の中には一つの部屋を仕切って数人で分けている部屋などもあり、プライベートな空間とはとてもいえない空間です。
また、看護師の寮では、病院に近いという特徴から、時間外でも忙しくなると呼び出しが掛かることがある。
近くてやすいをとるか、遠くてもプライバシーが守られてたほうがいいのかは、看護師を目指す人とが決めたほうがいいでしょう。

Info & Utils

Published in 火曜日, 10月 28th, 2014, at 10:19 PM, and filed under .

Do it youself: Digg it!Save on del.icio.usMake a trackback.

Leave a Reply

節約家の私の原点は寮生活です © 2014. Theme Squared created by Rodrigo Ghedin.